フィラリアの症状は?|大好きな家族をフィラリア症から守るためにはハートガードプラス!

大好きな家族をフィラリア症から守るためにはハートガードプラス!

フィラリアの症状は?

数種の薬と飲むための水

犬や猫を飼育する際に、やっておかなければならないのが、フィラリア予防です。みんながフィラリア予防薬をしなければならないと言っているからなんとなくやっておくという風に考えている人もいるかもしれませんね。実際に犬や猫がフィラリア症に感染してしまった場合どうなってしまうのか知っておくことで、犬や猫をフィラリア症から守る責任の重さに気付くでしょう。
まず、フィラリア症は蚊が動物の血を吸引する際に、体内へ侵入することで感染する病気です。蚊が吸引している際に、小さな寄生虫が体内に侵入してしまうのです。体内へ侵入した寄生虫は、体内で成長し続け増加していきます。そうすると、増え続けた寄生虫で溢れかえり、臓器が寄生虫でいっぱいになってしまうのです。寄生虫はは心臓や肺動脈を好むので、最終的には犬や猫を死に至らすことに繋がります。
もし感染してしまったら、慢性と急性の2種類のフィラリア症があります。慢性フィラリア症は、咳や息切れ、腹水などの症状が現われます。また、水を異常に欲しがったり、普段散歩大好きな犬がいきなり散歩を嫌がり始めたら注意が必要です。急性フィラリア症の場合は、黄疸や赤褐色の尿をするなどの明らかに異常な症状が現われますので、もし症状に近いものを発見したら早急に病院へ行くようにしましょう。急性の場合は、早く病院へ連れて行かないと手遅れになってしまいます。
フィラリア症は、犬に最も多く見られる病気で、猫には滅多に見られませんが、極まれに感染してしまう猫もいます。
犬とは違い、猫は臓器が小さいため、進行がはやいです。感染して3匹ほど心臓に到達してしまうだけで、命を落とす危険性があると言われています。最終段階へ入ると手術を行って心臓に住み着いている寄生虫を取り除く必要があるのですが、臓器が小さいため手術の難易度もとても高く、大変危険です。予防薬のハートガードプラス等を使用して確実に予防しましょう。

↑ PAGE TOP